飛行機は便数を最低限にしてるのはなぜですか? 列車だとガラ

飛行機は便数を最低限にしてるのはなぜですか? 列車だとガラガラでも、運行はしてます。 地元を例にすると、大分以南はガラガラです。博多発の佐伯行きのソニックは大分到着後は1両に対して10人も居ない状況です。土日ですら同じです。 しかし、飛行機はだと日曜の羽田→大分の最終便だと、JALは分かりませんが、ANAだと3列×3列の738で、隣に人が座ってないことはありません。 いつも旅割で普通席を予約して、当日アップグレードしてます。 相席が嫌なので、少し余るぐらい余分に定員の多い機材には出来ないんでしょうか? JRは過剰輸送なぐらいな本数や両数で運行してくれるのは、好感持てますね。 航空会社はなぜ小さい機材、少ない本数でけちるんでしょうか? 福岡〜羽田、新千歳〜羽田、羽田〜伊丹で儲けてますよね�

�� 大分のゴミ政治がゴリ押しであの場所に作ったのなら、仕方ありませんが。

まあコストなどもありますがおそらく一番は人間の疲労でしょうCAやパイロットまたあまり知られていませんが航空管制官は便数が増えるとここ数年人数が減ってきてることもありかなりの疲労がたまります得に航空管制官パイロットはミスが許させない仕事です1日にパイロットなら機種にも夜とは思いますが何100にん何1000人の命を東京コントロール管制官なんかでしたらもう数えられないほどの乗客の命を預かっているのでそのことも理由のひとつにあると思います

真剣の日本刀が欲しいのですがヤフオクで見たところ、昔の武士が持っていたような古い日本刀は高く、明治以降の軍刀?は安く感じられました。 ただ真剣が欲しいのなら、軍刀を買った方がお得なのでしょうか?

真剣でありさえすればいい、というなら軍刀もあり、です。 ただし、ちゃんと登録証のついているやつ。 昭和の時代に作られた軍刀には、自動車のスプリングやレール用の鋼材を使った刀があって、そういうものでも「人切包丁」として高性能なものもあったりするんですが、武器として高性能であっても、伝統的な日本刀の鍛え方で作られていないと、登録証が発行されず、合法的に所持することはできません。 しかし、軍刀にも伝統的な日本刀の作り方で作った、しかも科学が進歩した現代に作ったので、美しくてよく切れるものも、あることはあるのです。 でも、ヤフオクじゃ刀の良し悪しはわかりません。刀ばかりは刀屋さんで手にとってみてから買うべきです。 目を肥やすために、刀屋さんや博物館を、たくさん見て回ってか

ら買うべきですが 安物でも何でも、とにかく1振り持つと、目を養うのによいので、本当に自分の愛刀にするのは2振り目、最初は勉強、という考え方もあります。